生徒指導記録(道徳授業実践記録改め)  
訪問者 284,000 突破 ありがとうございます

 リンクフリー 許可不要です
中学校教師
nakap の作成した
ホームページです
訪問者数 2001年4月以降
 
 人目

2018.11.19朝更新


更新記録
自分が所属している教育団体

役立つ!?ニュース 道徳授業実践記録 最新道徳教育情報 中 学 国 語 学活ワークシート そ の 他 更 新 記 録 リ ン ク
  
11/19 堀先生の『教師の仕事術』をちょこっと再読した。月曜日に仕事をたくさんすることを決意した(笑)。自分はもともと月曜日が嫌いなタイプではないが、その週はもちろん、次の週まで考えるというのは大切だと思えるようになったからだ。担任時代にはこういう発想はなかった。目の前の生徒をどうにかするのを第一優先と言い訳をして、先を見通して動いてこなかったからだ。もちろん、それでどうにかなってきた。しかし、年齢を重ねた今、目の前の生徒と、目の前の若手教師にも目が行くようになった。自分の時間を若手教師にも使おうと考えた場合、やはり仕事術で時間を作り出さねばならない。チャレンジしてみる。

11/14 風邪を引いた。医者に行き、診てもらう。薬を飲んで、朝起きた時の扁桃腺の痛みが消えた。寝起きに嫌な気分にならないというのはありがたいことだ。ただ、熱っぽさは取れない。6度7分くらいで熱っぽく感じるので、当然解熱剤は処方されていないからだ。しばらく、この倦怠感が続きそうだ。 昔自分が作った学習ゲームが面白い。特別支援学級の生徒と一緒に取り組んでいるが、我ながら多種多様なものをよく作ったと思う。

11/9 昨日は合唱コンクールの採点集計表をエクセルで作ってみた。所属学年は採点できないので、そこを考慮して名前が自動で出るものを。ついでに、最優秀賞を計算するように合計点や順位(1位)の数を数えたりなども計算できるようにした。頭の中で思っていることが、だいぶエクセルで表現できるようになった。これは、今までの積み重ねがあってのことだ。急にできるようになるわけではない。 仕事も勉強もこれと同じ原理。苦しい積み重ねがあるからこそ、後で楽に難しいことができる。スキルアップの原理。
 エクセルに集中できるほど、生徒指導的に問題がない、落ち着いた学校というのが一番のポイントではあるんだが(笑)

11/8 合唱コンクールでは課題曲と自由曲がある。そもそもなぜ2曲あるのか。課題だけではだめなのか。自由だけではだめなのか。そういったことまで考える必要がある。ベテランならなおさらだ。何も考えず行事に熱中するのは20代だけでよい。それ以上は「そもそも」を考えたいものだ。その方が、教育的効果が上がり生徒のためになる。

11/6 インフルエンザが急に流行りだす。部活動なし。合唱コンクール延期が決定。そういう時期の始まりか。延期になって喜んでいるクラスもあるんだろうな。練習時間が増えるからな・・・。

11/2 合唱コンクール前で三者相談。担任でないとこんなに寂しいものかと痛感中。あと、授業のカットがなくて三者相談はできないものだろうか。学活、総合の時間をカットで無理かなあ。

10/31 昨日は午前中が学区内にある小学校の授業見学。午後は生徒指導関係の研修で出張。合間を縫ってスポーツ用品店に支払いやエクセルをいじったりなど。出張後帰校して、保護者対応の生徒指導関係の仕事を少し。生徒と向かい合うようなこともほとんどなく、ただただ時間が過ぎてしまった一日。こんな日も、数か月に1度はある。担任がないって寂しいなあ。特に合唱コンクール前のこの時期には強く、そう思われる。

10/30 急に冷えてきた。木々の葉が色づき、落ち始める。秋という感じだが、ここから初冬までは駆け足な感じになる。 そうそう、なんで仕事ができない人は「でも、・・・」「あと、・・・」と言って自分の言いたいことを言い始めるのだろうか。誰も聞きたくないのにね。そういう空気も読めない。残念な言動だ。

10/29 昨日は部活で練習試合。練習不足が露わになった。先週金曜日は研究授業。生徒はよくやった。授業の見方は多様だなと再確認。

10/26 定期テストの平均点を見て、いろいろ考えたい。平均点が他よりも低いクラスに対しては、指導法をちょっと工夫しなくては・・・とか。教科書や教材に目が行っていて、生徒を見ていなかったと反省する・・・とか。平均点の低さを生徒のせいにするのは何も分からない若手だけにしてほしい。ベテランでそんな考えだと・・・終わってる。

10/25 研究授業には22つのタイプというか意味がある。1つは、学校や地域の代表として研究の成果を見せる研究授業。もう1つは個人の研究を披露し、いろいろな意見をいただくための研究授業。こういった違いを理解せず、とにかく研究授業だから・・・というベテランがいるのが哀しい。

10/24 ダメな人はお金の処理が遅い。他の人に尻拭いしてもらっていても気づかない(自分ではちゃんとやれていると勘違いしていてできていないことに気づかない)。自分の非を認めて謝ることを恐れ、できない。人材、人財、人罪という言葉を思い出した。

10/23 合唱コンクールの練習で「男子が声を出さない」「男子が声を出した方が勝つ」という文化、いや、指導力不足はどうにかならないものか・・・。解消するのは簡単で、堀先生のこの本を読んで実践するだけなんだけどな・・・。教師の本を読まない文化が悪い。勉強が必要なのは生徒だけではなく、教師もだ。教師だからこそ勉強しないといけない。

10/22 今週は金曜日に研究授業がある。初めての試みをいきなり研究授業で試してみる。どこがどうなるか、まさに研究だ。研究発表というよりも、研究のスタート。

10/21 昨日は部活で先生チームと練習試合。ぎりぎりで先生チームが勝った。生徒指導的にも大切な1勝。スポーツで勝つのは健全的に力関係が分かる。いろんな部活と対戦したいなあと若手から意見が出てた。いいね、活気があって。生徒とも絡めるし。

10/20 このところ朝夕の寒さが強くなってきた。そのせいか、朝の目覚めが少し遅くなった。この更新ができなかった。先週届いた本を読みつくし、読む本がなくなった。読書の秋もそろそろ終わり・・・。

10/15 1週間が始まる。今週は定期テストがあるので、放課後に部活動もない。生徒指導的にはあまり大きなことが起きない時期。事務仕事をコツコツと進めていこうと思う。

10/12 生徒と気軽に話していていろんな情報を得るタイプとそうでないタイプがいる。そうでないタイプの人は、有事の時にどう動くかが大切。指示されて動くのか、指示されずに動けるのか。 まあ、普段から生徒としゃべらず、情報を得られず、こういう情報を得たほうが良いという予想もできず・・・これだと厳しい。すべてが後手後手に回る。

10/11 昨日は、元体育の日。やっぱり天気は崩れなかった。特異日ってやつだ。いよいよ週末が近づいてくる。県大会に出場する生徒には頑張ってきてほしいと思う。

10/10 内地留学の方が帰ってきたので、担任を外れた。なかなかできない経験、楽しい経験だった。これからは、割れ窓理論の実践として、校内美化に力を入れよう。校門の外の清掃では、地域の方に挨拶ができる。こういう地道な作業がひいては学校への信頼につながると信じて。

10/4 いよいよ文化祭の準備が佳境に入ってくる。何となくいいな、この雰囲気。自分が高校生の頃を思い出す。忙しかったけど楽しかったなあ。楽しい経験が人を成長させる。これはいつの時代も変わらないのかもしれない。

10/2 賢者は愚者に学び、賢者に学ぶ愚者は少ない。確かこんな言葉があったように思う。自分を省みて、他から学んでいるだろうかと自問自答。

10/1 台風一過で気温の上昇が予想されている。予想最高気温33度。確かに、朝から生暖かい空気。これじゃあ、体調不良の生徒が出る心配があるな。もちろん、大人も心配だ。いよいよ後半が始まる。担任を外れ、授業が週に4時間も減る。とりあえず「多忙」からは離れられるか。ただ、文化祭や合唱コンクールでクラスがないと寂しい限りだ。

9/28 おいしくても栄養がない食事はダメだ。栄養があってもおいしくないともっとダメだ。食べる気が失せる。勉強も同じようで、楽しくて面白くても学力がつかないのはダメだ。学力がついても楽しくて面白くないとだめだ。勉強する気が失せる。 このように簡単な原理が分からないと、子供は食事に興味を持たないし、勉強の意欲も低い。

9/27 乱世か治世かによって分かれる評価。当然、どちら向きかという向き不向きもある。目指せオールラウンダー。教師に権威があった(と思われていた)治世の時代ではない今だからこそ、乱世への対応が大切になってくる。

9/25 新人大会では負けてしまい5位。絶対的エース不在が響いた。ただ、エースを育て、エースだけに打たせるのはチームカラーに合わない。全員が打って、守ってがチームの伝統なので、それを守って勝てるよう指導を工夫していきたい。 次の行事は文化祭だが、こちらは以前から準備し、本番までに時間的な余裕があるため大丈夫だろう。

9/19 いろんな仕事でそうなんだろうけれど、ただ人柄がいいだけで勤められる仕事ってあんまりないよな。昔の教員は、大学出て(もちろん大学には入れて)、採用試験に受かり、人柄が良ければ十分勤められた仕事だったんだろうな・・・と思う。だが、今は違う。人柄の良さだけではいろんなことに対応できない。周りに迷惑をかける。 ただ、人柄がよい同僚が多いのでうまくフォローしている。人柄だけでは勤められないが、人柄がよくなくても勤められない。そんな仕事だな教員って。

9/18 連休初日は練習試合。けちょんけちょんにやられる。課題が見つかったので、新人大会に向けてやるべきことがはっきりした。とプラスに考える。よく考えたら、新人大会前だ。新チームになって2か月たってない。 連休中日は、子供とミニドライブ。焼きトウモロコシが甘くておいしかった。山頂付近にある沼は寒かった。 連休最終日は部活と実家の除草剤撒き。午後は自宅の芝刈り。色々と進んだ連休だった。

9/13 秋の夕暮れの物寂しい様子を表す言葉はないかな・・・と思い調べてみた。秋澄む、秋の声、秋思などのいい言葉があったが、なんかジャストフィットしない。結局「あはれ」になるのかな・・・と、ありきたりな発想に落ち着きちょっとがっかり。

9/11 最近腰が痛い。ずっと痛い。たぶん、パソコンに向かって座り続けているからだろうと思う。もっといい椅子を買うか、床に座るか工夫しないとダメそう。みんなどうしてるのかな・・・。

9/10 気づくと、9月も中旬が始まる。「夏休みが終わった」と思ってからずいぶん時間が経過したんだな、という感じ。さて、今週の末から3連休がある。新人大会前なので、しっかりと練習をさせたい。 バドの時も思ったが、基本ってできているようでできていなくて難しいし、でも、できないと先には進めないし・・・と意外に厄介だ。そもそも素人は基本打ちが難しくてできない(笑)。ウォーミングアップは、基本打ちとは別の体を動かす系から入った方がよさそうだ。あぁ、思い出してきた。

9/5 昨日は帰宅は21時前。家庭訪問をしていた先生を待っていたからだ。家庭訪問に行ってくると報告があれば待つし、なければ待たない、という行動原理が自分にはあるんだなと気づいた。 待っている時間が長く、いろいろな仕事が進められた。普段はしないようなちょっと別な事務仕事。こういう時間の過ごし方も貴重だ。こんなこともある。面白い。

9/4 昨日は台風のため午後授業がカット。諸々の事務仕事を進める。年に数回あること。

9/3 ある出版社に頼まれている道徳授業の本の一部執筆が何とか終わりそうだ。急遽1ページの追加のお願いがあったが、取り組めば早かった。取り組むまでの頭の中での構想が時間がかかった。さて、2学期の始まりだ。夏休み明けは、危ないとかプラチナの数日とか言われているようだが、果たしてそうなのか。今まで意識して夏休み明けを過ごしてきたわけではないので、意識的に過ごしてみようと思う。というのも、自分的には、夏休み明けでものすごくマイナスに変化した生徒に出会ってないからだろうな。案外世の中にはそういう生徒が多いのか。ただ、中学生だと部活動があって、新チームが始動して、遊んだり変化したりする暇などないはずだがねぇ・・・。

8/30 先週土曜日の大会は3位だったが、卒業アルバムで何年ぶりの賞状か調べてみた。そうしたら、2000年度の卒業生以来と分かった。ただ、賞状をとっても卒業アルバムに載せない時もあったろう。そう考えると確信はできないが、とにかく10年に1度くらいの快挙というのは分かった。

8/27 一昨日は、2年生にとって初めての試合。中体連主催ではないので「準公式」の試合だったが、3位入賞。暑さ、湿気との戦いでもあったが、選手はよく頑張った。これで卒業アルバムの部活動写真が手ぶらではなく賞状ありで写れる。それが何よりのうれしさ。

8/23 20日は上越教育大学で開かれた道徳の研修会に桃崎先生の代理で出席。そこで受けた加藤先生の講座が圧巻だった。道徳専科って日本で1人なのかな。普通はムリだ。とにかく、深澤先生並みの講座で衝撃を受けた。様々な研修会の講師は、多くが担任ではない。日常的に道徳授業を行っていない。そういう方々と比較すると、加藤先生は子供の成長を語っておられた。わざわざ上越まで行った甲斐があった。

8/16 お盆休みで読書。
 1冊目は「教師の仕事術 10の原理 100の原則」(堀裕嗣著・明治図書)。参考になる点もあるが、「そういうのいいなあ」という点も多い。自分としては、その分野の一流の人が一流の流儀を書いた文章を読んだような読後感。もっと言えば、野口英世の伝記を読んだ後のようなそんな感じ。自分ができることとできないことを意識し、自分ができないことを減らしていく・・・そんな風に自分を元気づけられた1冊。
 2冊目は「若手育成 10の鉄則 100の言葉がけ」(堀裕嗣著・小学館)。10の鉄則は、なるほどの内容。ただし、それぞれが4ページだったので少々物足りなく感じた。そして、100の言葉がけは、よくぞ100も記録していたなあと感心。こういう具体例の多さを持っている、記憶している、記録しているのが一流の人なんだろうなあ。宇佐美先生、向山先生、堀先生が三大巨頭だな。ただ、言葉がけはそれぞれが1ページだったので、もったいなかった。1ページに無理やり短くした感じ。やはり堀先生は少ないページよりも多いページで書いた方が、読み易いし、分かり易い。ページ数に関係なく書かれた方が、言わんとすることが、もっとよく伝わっただろうと思う。そうなると、100も載せられないのか。「若手育成 10の鉄則 30の言葉がけ」と「若手育成 70の言葉がけ」のの2冊ならどうだったろう。本の価格が高くても堀先生ファンは買うだろうな。もちろん自分もだけど(笑)。
 3冊目は「下町ロケット ゴースト」(池井戸潤著・小学館)。ドラマを見ていたので、登場人物の顔を思い浮かべながら読めた。また、栃木県が出てきたのでうれしくなった。内容的には、ドキドキ、盛り上がりもあるが、次号に続くんだろうなあという感じ。帯をよく見たら、この秋に続きが出ると書いてあった。大人の都合か!? どうりでこの1冊だと少々話が少ない気がした。分厚いの1冊で、「よく読んだなあ、自分」と思うのが好きなので、ちょっと残念。小説というよりか、ドラマの原作って感じ。本末転倒になっていないかな。小説ありきでいてほしかった。 今、amazonのカスタマーレビューを読んできた。同じような感想を持った人が思ったよりもいた。そりゃそうだよね(笑)。
    

8/10 忘れないようにメモ。道徳の授業で、畏敬の念について。
ポイントは、対比と間接性の原理


・自然の驚異じゃダメ
・畏敬の念にしないとダメ
・生命の尊重になってもダメ

×特別な事件が起きる
○日常の行動が大事件になったことを扱う

・人間の日常と自然の脅威を並べる(交わる)から畏敬の念に繋がる

・自然の脅威と自然の美しさ、雄大さ、恵みは、人間の英知や科学ではどうにもならないことを伝える

日常上で起きた事故 ニアリーイコール 自然の脅威 と 自然の美しさ、雄大さ、恵み

日常的な行動をとった人に問題はあるか?
 →ない
「たまたま」「予想を超えた」事態に人は対処できるか?
 →できない
なぜか?

8/7 「親しき中にも礼儀あり」と「批判こそ礼儀」を足すと「親しき中にも批判あり」になるのか。いや、「親しき中にこそ批判あり」か。確かに、向上を意識するならば、批判と向き合わなければならない。また、批判に値するような実践をしなければならない。そんなことを考えた、研修会の翌日、翌々日。

8/6 研修会が終わった。動画作成のスキルはかなり上がった。PIPにもチャレンジし、自己満足はかなり高い。これで精神的に夏休みが来た~!って感じ。仕事的には夏休みはないんだけれどね・・・。

8/3 日曜日の研修会用の資料がまだ完成していない。動画を作成中だが、なかなか進まない。やりたいことははっきりしているのだが、技能が追い付かない感じ。ただ、この状況は嫌いじゃない。この試行錯誤が、自分のスキルを高めることが分かっているからだ。ああ、やるしかない。


 
          
 
 
201805 201806 201807
201703 201704 201705 201706 201707 201708 201709 201710 201711 201712 201801 201802 201803 201804 201511 201512 201601 201602 201603 201604 201605 201606 201607 201608 201609 201610 201611 201612 201701 201702
201407 201408 201409 201410 201411 201412 201501 201502 201503 201504 201505 201506 201507 201508 201509 201510

 
  執筆陣に加えさせていただきました。THE いじめ指導 (「THE 教師力」シリーズ)です。幅広い執筆者が、多面的にいじめ指導について述べています。薄くて小さな本なので、携帯できます。1050円と値段も安く設定されています。うれしいですね。「THE 教師力」シリーズとして続々と発刊されるようです。

                 2017年このサイトを通して購入された本ベスト(Comingsoon)
第1位
 
第2位 
 
第3位 
 
第4位 
 
第5位
 
 
割合上手にいった指導。うまく言えないんだけど……。こんな思いをずっとしてきました(もちろん、逆のだめなのもです)。
 しかし、この本にはそれが言葉として、言語化されていました。目から鱗とはこのこと。
 「自分がうまくいったときはそうだったのか!、こういう訳か。」と納得しました。
 目の前のモヤっとした霧が晴れたかのようです。学級経営と生徒指導。赤本と青本と呼ばれています。
「厳しく叱る」が光る
学級経営10の原理100の原則
生徒指導10の原理100の原則
    
     
 
 サークルメンバー募集中 栃木県の教師の方、メールください。共に学びましょう。
 
 トップヘ
 
 平成28年度の道徳授業・・・どんな道徳授業を行っているか→ 副読本を中心に普通に授業を行いました(笑)。記録がありません。
 平成27年度の道徳授業・・・どんな道徳授業を行っていたか→ 副読本を中心に普通に授業を行いました(笑)。記録がありません。
 平成26年度の道徳授業・・・どんな道徳授業を行っていたか(随時更新予定)
 平成25年度の道徳授業・・・どんな道徳授業を行っていたか
 平成24年度の道徳授業・・・どんな道徳授業を行っていたか
 平成23年度の道徳授業・・・どんな道徳授業を行っていたか
 平成22年度の道徳授業・・・どんな道徳授業を行っていたか
 平成21年度の道徳授業・・・どんな道徳授業を行っていたか
 平成20年度の道徳授業・・・どんな道徳授業を行っていたか
 平成19年度の道徳授業・・・どんな道徳授業を行っていたか
 平成18年度の道徳授業・・・どんな道徳授業を行っていたか
 平成17年度の道徳授業・・・どんな道徳授業を行っていたか
 平成16年度の道徳授業・・・どんな道徳授業を行っていたか
 平成15年度の道徳授業・・・どんな道徳授業を行っていたか
 平成14年度の道徳授業・・・どんな道徳授業を行っていたか
 平成13年度の道徳授業・・・どんな道徳授業を行っていたか

 躾の目的・・・
野村元監督の珠玉の言葉から学ぶ
 表の努力と裏の努力・・・桑田選手に学ぶ
努力の大切さ
 日曜日のバーベキュー(小4教材)・・・公徳心が一番無いのは・・・!?
 聖ニコラスとサンタクロース・・・サンタクロースについての授業
 江戸しぐさの授業・・・マナーについての授業
 マナー・ルール・エチケットの授業・・・修学旅行前にぴったり
 携帯の危険性を知っていますか?・・・携帯電話の危険性を取り扱っています
 私の自慢(道徳授業記録)・・・子どもに自信を持たせる道徳授業は、これで決まり
 アサーティブに行動しよう・・・役割演技で子どもに攻撃的でも 受け身的でもない対応力を
 「法」の授業1・・・社会科以外の教師でも行える楽しい「法」の授業 第1弾! 手に入る?編
 「法」の授業2・・・「いじめ」「刑法」を重ね合わせる
 「法」の授業3・・・楽しい「法」の授業 第2弾! 落とし物について考えよう編
 「法」の授業4・・・男女と「法」。男女が関わる「法」の授業
 ナンバーワンとオンリーワン・・・
自分てすごいなと思える授業

 母の思い・・・母の日の前にうってつけ
  
 
 トップヘ
 
 道徳のチカラ イベント情報・・・近くで行われるイベントが分かる!
 総合・道徳教育メールマガジン・・・道徳教育の役立つ情報! バックナンバー
 「道徳のチカラ」の機関誌の申し込み・・・道徳教育の最新情報満載
 道徳のチカラ・・・・正義と勇気を子どもに育てたい方向けのホームページ
 正義・勇気度チェックシート
 正義・勇気度チェックシート2
 
 トップヘ

 テスト式漢字プリント(Excel)
 中1国語(東京書籍)の記録1
 中2国語(東京書籍)の記録1・2
 中3国語(東京書籍)の記録1
 子どもが喜ぶ古典の授業・・・中学国語・枕草子第一段)を楽しく、知的に
 
論理パズル8題・・・クイズ(作文)で論理的思考を鍛えよう
 主語・述語の解説・・・主語・述語の簡単な見つけ方(ちょっと重い)
 主語・述語の問題・・・小学校高学年~中学生向き 質より量で勝負
 修飾語の解説・・・修飾する言葉の見つけ方(ちょっと重い)
 修飾語の問題・・・小学校高学年~中学生向き 質より量で勝負
 国語ランド・・・小学高学年~中学生向き 漢字・敬語・対義語・読み・送りがな

 トップヘ
 
 自分はどっち(内向的・外向的)?(web上で結果が出るタイプ)
 修学旅行班別行動練習用紙
 時間割表
 どんな職業がいい?(どんな内容の職業がいいのかプリント)
 どんな職業になる?(職業適性プリント)
 カラー原版どんな職業になる?(職業適性プリント)
 休みはどうだった?(休み明けにプラスなことを思い出させるプリント)
 自分はどっち?(内向的・外向的テスト)
 夏休みはどう過ごす?(夏休み前に役立つプリント)
 上記のプリントをダウンロード(一太郎・ワード)

 トップヘ
 
 合唱コンクールの指導
 教員のための一太郎の使い方キーボード編1(ESCキーからの操作)
 教員のための一太郎の使い方キーボード編2(ESCキーからの操作)
 エクセルで作った学習迷路プリント
 方言リンクのページ
 フラッシュのゲーム 漢字撃ち落とし1年生の漢字
 めいろ で メイロ3年1 3年2 
 めいろ で メイロ1年1 1年2 2年1 2年2
 迷路
 クイズ&パズル&ゲーム(様々なクイズ&パズル&ゲームで遊ぼう。只今2100問)
 ・3ヒント数字当てゲーム(全5問) 3ヒントで数字を当てる 小学生中学年~向け
 ・
何て読む?(全67問) 果物、花、寿司のネタ、国名、星座の漢字が読めますか?小学生向け
 ・どの漢字?(全67問) 果物、花、寿司のネタ、国名、星座の漢字が分かりますか?小学生向け
 ・
食べ物三択クイズ1~9(全90問) 食べ物の由来を三択クイズで学びましょう
 ・ぬいぐるみクイズ1~15(全15問) ぬいぐるみが棚のどこにあるか考えましょう
 生産(収穫量・飼育数)クイズ1~6(全60問) 日本一の生産都道府県を三択クイズで学びましょう
 都道府県5ヒントクイズ1~16(全47問) 日本の都道府県を5ヒント以内で答えましょう
 四字熟語三択クイズ1~15(全150問) 四字熟語の意味を三択クイズで学びましょう
 ・お米作付け面積 三択クイズ1~11(全55問) 各都道府県の作付け面積一番のお米はどの品種でしょう?
 ・地方別 都道府県名クイズ(全46問) 地方別に都道府県名を当てましょう
 ・おいしい食べ物 -春夏秋冬-(全107問) 食べ物の【旬】の季節を当てましょう
 ・国旗当てクイズ(全80問) 国旗を見てどの国か当てましょう
 ・歴史年代当てクイズ(全75問) 歴史的事柄がいつ起きたか分かりますか?
 ・歴史人物当てクイズ(全42問)
 人物を古い順に並べましょう! & 個似顔絵当て(戦国武将・幕末偉人)
 ・漢字を探せゲーム(只今77問) 小学校で習う新出漢字を扱っています
 ・おはなし くいず(全15問) 絵を見てどのおはなしか当てましょう
 ・歴史人物名ならびかえゲーム(全10問) 歴史人物名を並べ替えましょう
 ・歴史人物ならびかえゲーム(全8問) 歴史人物を並べ替えましょう
 ・時代ならびかえゲーム(全10問) 時代を並べ替えましょう
 ・四字熟語並び替えゲーム(全150問) 四字熟語に並べ替えましょう
 ・部首当てクイズ(全79問) 部首名を当てましょう
 ・地方別ジグソーパズル(全8問) パズルを完成しましょう
 ・都道府県別ジグソーパズル(全46問) パズルを完成しましょう
 ・クリック移動論理クイズ(全14問) 論理クイズで頭を鍛えましょう
 ・神経衰弱型漢字パズル(只今44問) 小学校1年の漢字がこんなに難しい!
 ・神経衰弱型計算パズル(全24問) 簡単な足し算がこんなに難しい!

 ・神経衰弱型漢字&絵合わせパズル(全36問) この果物・野菜の漢字は?
 ・虫食い算(引き算・足し算)
 ・熟字訓を読め! 書け!(全140問) 熟字訓(特別な読み)はこれだ!
 ・熟語(漢語)の構成・組み立て(全298問) これでバッチリ! 
 ・類義語・類似語はどっち?(全114問) 類義語・類似語2択問題ははこれだ!
 ・対義語はどっち?(全126問) 対義語2択問題はこれだ!
 早打ち型ゲーム・・・早打ち型のゲームです
 歴史変換
 授業の小ネタ・・・授業に役立つ小さなネタです
 リンク
 クラスの掲示物・・・生徒が作ったクラスの掲示物です
 教科名アイコン 0

双六(すごろく)・・・一太郎版ワード版の自動解凍形式の圧縮ファイル。
スケルトンパズル・・・エクセル版 歴史人物1a歴史人物1b
                                       訪城記録
  国旗一覧 歴史人物一覧    おはなし いちらん 日記0 日記1 日記2日記3koukoku
Copyright(c)2002~2012 nakap All rights reserved.
[PR]