旧館

************ ж 3 ж 東武鉄道 矢板線(2) ************

















@ 芦場駅跡
 船生駅跡を過ぎるとまた田圃の中を進む。この
あたりからかつて木材運搬の手押し軌道が北方の
山中、東古屋湖の上流あたりまで延びていて
鶏頂の木々を運び出していた。
 田圃が途切れた先、その山すそをかすめるような
所が天頂駅があった所。
 近くに銅を産出した天頂鉱山があって先の木材と共に
この鉄道を生み出した功労者で部分開通もこの天頂までで
あったが、それらが衰退すると共に鉄道も衰退するという
運命共同体でもあった。
 銅の鉱山はその他にも山深い所や1つ先の芦場駅近く
にもあった。
 その芦場駅跡はしっかりとホーム跡のコンクリートが
残っていたが、まっすぐに伸びてきた廃線跡の道路と

A 耕地整理により消えた廃線跡
少し間が開いているので、おそらくは交換設備もしくは
側線を持ち銅の積み込みが盛んに行われていた駅で
あったのであろう。
 芦場駅跡を出た廃線後は淡々と田圃の中を進んで
行ったが、突然ぷつりと切れた。
 突き当たった先はきれいに区画された田圃が広がって
いるのだが、平行してきた電線だけが田圃の中へ
まっすぐに延びている。
 廃線跡は切り崩されて田圃になってしまったが、電線は
まだ手付かずで、その電柱の足元だけがぽつぽつと小高く
なっていて元の路盤の高さを示していた。
 この様に廃線跡は急速にその姿を消しつつあり、通り
過ぎてきた天頂駅跡付近も国道のバイパス予定地になって
いるので、そのたたずまいが残っているのも時間の問題

B R461と平行していた廃線跡
かも知れない。
姿を消した廃線跡は国道に合流するところでまた
その姿をあらわした。
 今度は国道に沿って低い築堤で緩やかに坂を登って
行く。
 やがて、坂の頂上近くで拡幅された国道に吸い込まれる
様にまたその姿を消してしまったが、峠の切通しの先まで
進むと、1段低いところにトンネルがポコッと口を
開けていた。
 国道の方は大した坂でもなく、トンネルを必要とする様な
山とは思えないが、以前は急な山道で峠を越えていた
場所で、鉄道はやむなくトンネルで山越えとなったので
あろう。
 トンネルの中を覗いて見たが真っ暗で入口はもとより、
内部の様子は全く見えない。

C トンネル出口
 入口はどうなったのだろうと国道を少し戻ってみたが、
その広く明るい切通しにはその入口らしきものは見えない。
 おそらくその切通しを作る際に途中からつぶされて
しまったのであろう。
 その切通しの崖をよく見ると数々のレンガの破片が
混ざっていた。
 トンネルを抜ければ玉生の集落で、ここから氏家へ
向かうかどうかともめたところだが、線路は大きく左へ
曲がって矢板を目指した。
 玉生の駅は当時集落から離れた田圃の中にあったが、
今ではその場所はすっかり町の中になってしまっている、
JAのあたりである。 
 生憎とその場所をしっかりと確認しなかったのではあるが
もしかするとその雰囲気は残っているのかも知れない。

D 荒川を挟んで
 小さな川を渡るところに橋台を点々と残しながら役場の
横で町を抜けた廃線跡はまた田圃の中を進む。
 このあたりの遺構はしっかりと残っていたが、築堤の
上にブルドーザーがドデンと座っていたりするのでやはり
何時まで残っているかが不安だ。
 やがて荒川に突き当たる。
 この川は広く浅く役人的に改修されてしまっており、
橋があったであろうその跡はきれいに無くなっていた。
 荒川を渡った先は舗装道路になっていて、地元の生活
路線として残っている。
 ここから矢板の間は丘陵地帯になっており、鉄道を敷設
するには不向きな地形だ。
 丘陵とは言っても森林資源が豊富というほどの山でもなく、
鉱物資源なども無かったようで、集落もあまり無い。

E 農道とアンダークロス
 よって、この区間には途中駅が2つしかなく、駅間
距離はこれまでの倍ぐらいになる。
 氏家へと進んでいれば地形は平坦で集落も多く、
農産物の取り扱いも多くあったのであろうが、そうで
あってもこの鉄道の存続は無理であったであろう。
 もっともその様な土地を遊ばせておくのはもったない
ので、鉄道の痕跡はずっと少なくなっていたであろう。
山越えを選んでくれたのは私にとっては幸いである。
 その山を選んだ廃線跡は荒川を渡るとすぐに丘陵地帯に
さしかかる。
 しかしそれはなだらかなもので、1つ目の丘を農道を
くぐりながら切通しで抜けると国道からの道が合流して
来て柄掘駅の跡、の様だ。
 残念ながら駅だというはっきりとした痕跡は残っておらず、

F トンネル
なんとなく道が広くなって、その周りが違和感ある土地で
不自然に木が生えているあたりがそうであったのであろう
と思われる。
 広い道に獲りこまれた廃線跡は500mほど進むと右にそれ、
また1車線の狭い舗装道路になる。
 その廃線跡に歩を進めるとすぐにトンネルが見えてくる。
こちらのトンネルは玉生手前のトンネルと違って、しっかりと
残っており出口も見える。
 このトンネルで峠を越えると谷あいを緩やかに下って行く。
 思っていたほど険しい地勢ではなく、あっけなく山を越えて
しまった。もっともこの程度であったから矢板へと敷設する
事が出来たのであろう。国道がこのルートを選ばなかった
のが不思議なくらいである。
 谷間を進みその国道と交差した少し先が幸岡駅跡。
 待合室建物が移築され残っているという話を聞いたような

G 内川に残っていた橋台
気もするが、駅跡と共によく解らなかった。
 廃線跡そのものも、谷を下りきったあたりから広い道に
なってしまい、よく解らない。
 もしかするとそのつもりで通ってきたが廃線跡は別に
あったのかも知れない。
 東北自動車道を越えると丘陵は終わり、田圃が広がる。
 その田圃の中、道路より少し下流の内川の川岸に一対の
橋台がぽつんと残っていた。
 ご多分に漏れずこのあたりの廃線跡は耕地整理により
消えうせ、橋台だけが残った様だ。
 その先も痕跡らしいものは見うけられず、道路が東北
本線に沿うあたりでそれらしきカーブを持った土地が
あったが確証は無い。
 整備された矢板駅前には東武バスが停まっていた。


   写真撮影1986年12月4日

   −−追記ーー

   その後Bの廃線跡は道路拡張の為、Fのトンネルは老朽化の為に姿を消し、
   Gの橋台も取り壊されてしまいました。
幸岡駅〜矢板駅の田んぼの部分の線路は築堤でした。
その築堤が小川を渡る部分の橋台が広告塔の土台として
残っていました。
広告塔自体は朽ちてしまっていましたが橋台はしっかりと
大地にふんばり続けています。

2005年
橋台の先の道路際には築堤跡と思われる空き地があります。

戻る