旧館

************ ж 2 ж 東武鉄道 矢板線 ************

















@ 新高徳 矢板線ホーム跡
 東武鉄道矢板線は東武鉄道鬼怒川線、新高徳から
東北本線、矢板までを結んでいた鉄道。
 最初の計画は明治43年に船生、藤原の人を代表と
して、本線を矢板〜高徳〜藤原、支線を今市〜高徳、
玉生〜氏家、の敷設請願書が出された事に始まる。
 この鉄道は三依、栗山の木炭鉱物の搬出及び湯西川
川治、滝(鬼怒川)の各温泉客の輸送を目的とするもの
であった。
 この塩谷軽便鉄道の計画と時を同じくして、氏家の
人を代表として、本線を氏家〜玉生〜高徳〜藤原、
支線を高徳〜今市、玉生〜矢板、とする軽便鉄道の
敷設請願書も出された。
 しかし、二つの計画は、やはり同時期に建設が
進められていた、鬼怒川水力電気株式会社の下滝

A 新高徳駅前からまっすぐ伸びる廃線跡
発電所の建設用資材運搬鉄道(馬車軌道)を利用する
という今市の有志の計画へと次第に吸収されていった。
 この計画は大正4年に下野軌道株式会社として発足
し、大正6年の株主総会で矢板方面の株主から矢板
延長の意見が出された。
 すると氏家町からも延長は氏家へと言う意見が
出され、両者は対立する事となったが、玉生の鉱物
を馬車で矢板に運んでいた事や、発電所建設計画が
ある事、さらに延長に備えて、資本金を50万円に増資
する事に決定したもののうち、すでに30万円の株を
所有する事などにより、矢板へ延長される事となった。
 大正10年には下野軌道株式会社から下野電気鉄道
と社名変更され、大正13年に高徳〜天頂が開通した。
 しかし、関東大震災後の経済不況で業績は思わしく

B 遅沢川橋台
なかった。
 昭和2年社長に東武系の宇都宮氏が就任すると
東武鉄道との連絡を密にする為に線路幅も同一に
改軌、そして昭和4年10月に天頂〜矢板間が開通し
ここに全通の運びとなった。
 昭和18年になると下野電気鉄道は東武鉄道に
買収され、東武鉄道矢板線となったが、沿線の
鉱山の閉鎖や林産物の減少により、昭和34年6月
30日に廃止となった。
 この線では最後までSLが使われており、1日に
4往復ほどの列車がのんびりと走っていたそうである。




C 道谷原 畑の中をまっすぐ進む
 この廃線跡を訪れたのは1986年12月4日の事で、
廃止からすでに37年も経ったいた。
 新高徳の駅は島式のホームが1本あるだけで駅舎
からは線路を渡っていくようになっていたが、その
駅舎の前はホームの跡のように見え、矢板の方へ
向かって少し開いた感じになっている。おそらく
ここから矢板線の列車が発着したのであろう。
 (写真@)
 そのホームの延長線上からは少しずれている気が
するのだが、駅前広場を突っ切ってR121の旧道を
横切ってまっすぐに廃線跡が伸びている。(写真A)
 そこは舗装された道路になっていて、田んぼの中を
進むとすぐにR461と交差して国道の北側に出る。
 その先も舗装されているのだが、林の中に入り、
お二人様専用のホテルが立ち並ぶ裏側を抜けると、

D 道谷原 林の中
舗装道路は山の方へ曲がっていってしまい、その
先は未舗装の草だらけの道になる。
 少し難渋しながら進むと、深さが5メートル位の
川に当たる。
 遅沢という川できれいな水が少し流れているが、
そこには立派な石積みの橋台が残っていた。
 (写真B)
 遅沢川の先はまた林がつつくが、急に開けて畑の
中を進む道となる。その道もやがてまた林の中に
入ってしまうのだが、その入口で振り返ると日光連山に
向かって一直線に廃線跡が延びていた。(写真C)
 たまに小川を渡る林の中を進むと(写真D)やがて
また少し深い沢にあたる。
 この川は白石川でここにもうっそうとした杉林の中に

E 白石川橋台
立派な石積みの橋台が残っていた。(写真E)
 対岸へ回ってみるべく国道を迂回して行ってみたが
そちら側は舗装された道が続いてはいたものの製材所
に突き当たってしまい、確認は行わなかった。
 おそらく製材所内はその跡形はないであろうが、
その先には藪だらけになった廃線跡が存在しているの
ではないかと思われる。
 製材所から先の廃線跡は地元の生活道路として使わ
ているようで、舗装された道が船生へ向かってまっす
ぐに延びている。
 車での通行も十分可能だが、7時〜9時と13時〜18時
までは歩行者専用道路となっており主に通学路として
使われているようだ。
 小さな集落の中にあったのが船場駅。

F 船場駅跡 ホーム石積の上に家が建っていました
 小さなホームの跡が残っていて、石積みのその上
には建物が建っていた。
 当時は改札口もあって、それは交差点の所にあった
そうである。(写真F)
 やがて廃線跡は国道を横切り、船生の町の中へと
入って行く。
 船生駅は比較的大きな駅だったようで、交換設備が
あったのか、それとも旅客と貨物用なのか、ホームの
跡が2面残っていた。(写真G)
 国道から駅へと通じる道も駅前という感じをうっすら
と残しており、なんとか往時を窺い知る事が出来た。




G 船生駅跡









 船生から先も数々の遺構が残っていました。
 それに付いては次回の「旧館」(2003.4予定)で
 ご紹介します。


戻る